DOVE WETSUITS 2018 ~ 2019 WINTER

ダブ・ウェットスーツ 2018~2019 ウィンターモデル

セミドライ・ドライスーツのここがすごい!

テストを繰り返して常に進化し続ける”ダブ・ウェットスーツ”
今期の人気モデル&アップデートをご紹介します!

一番人気モデル”チェストジップ・セミドライスーツ”

伸縮性の有るファスナーを使用する事でストレスの無い着心地を実現!
また開口部が大きく着脱がスムーズ!
首部のロングネックを内側に折り込むことで防水性を高めて水の侵入を軽減します!

レギュラーモデル:手首構造のアップデート

手首部をジャージ素材で細くした構造は水の侵入を軽減します。
またジャージ素材のすることで耐久性を高め、着脱もスムースに行えます!
標準装備!オプション料金なしです。
*クラッシックモデルの手首は切りっぱなしとなりますのでご注意下さい。

フクラハギ部のアップデート

以前ラバー素材だったフクラハギ部をジャージ素材に変更しました。
足部でもっとも破れやすい部位は『フクラハギ部』なのです。
耐久性を考慮してこの部位をジャージ素材にしています。
もちろん裏生地は最高品質のSUPER 2を使用しているので暖かさは抜群です!

DOVE ウェットスーツ 人気ドライスーツ

レギュラー・チェストジップ・シール2 ホットスーツ(2mm)


SEAL-2 SUITSホットスーツは、生地と生地を水性ボンドで圧着して、

糸で縫うこと無くスーツの表側と裏側の両面をシームテープで補強した画期的なウェットスーツ。


シームテープには伸縮性があり、糸で縫っていないので軽量で機能性に特に優れています。

ウェットスーツ職人が丁寧にシームテープを張って行く作業は通常の作業の2倍の手間がかかり、熟練の技術が必要です。

お客様から質問をまとめました。

Q:ドライスーツの生地の厚みは何ミリですか?

A:ALL2mm仕様です。一部伸縮性の必要な部位「ヒップパネル」「股下パネル」を3mm厚にしています。

Q:すべての接着部がシールテープで貼られていますか?

A:全体の約80%の裏、表面にシールテープ加工を施しています。強度の必要となる「首、肩周り部」と「ブーツ部」のみ縫製で仕上げています。

 

 

Q:2mmの生地厚で伊豆の冬の海でサーフィンできますか?

A:ブーツ一体型ドライスーツですのでウェットスーツの中に水の浸入はほとんどありませんので身体が冷えることはありません。寒がりの方は、インナーを調整することで寒さを感じることはありません。

 

Q:防水性は?

A:表面、裏面の両側からシームテープ加工しているので水の浸入はありません。いつもウェットスーツの中はドライで快適です。

 

Q:縫製のないウェットスーツの特徴を教えてください。

A:ウェットスーツを縫製すると生地と生地が引っ張り合い縫製した生地周りの劣化が起ります。縫製がないことで生地がしなやかに伸びます。またシールテープ本体も伸縮性に優れていますので着心地がよく軽い印象です。

Q:このドライスーツの一番の魅了は?

A:究極の動きやすさを追求しました!軽くて動きやすい、それはまるで洋服を着てサーフィンしているようなストレスのない軽さです。

 

 

Q:ブーツの厚さを教えてください。

A:3.5mm厚のソックスが標準装備されます。ラジアル素材ですので耐久性に優れています。

 

 

Q:モデルは何がありますか?
A:通常のショートボーダー向き「レギュラーモデル」と大人のサーファー向けの「クラッシックモデル」の2モデルからお選び頂けます。

Q:価格を教えてください。

A:フルオーダー料込み 本体価格:120,000円+税となります。

限定生産数に達した場合はオーダーを締め切らせて頂きますことをご了承ください。