2012年4月2日

テクニック解説

reaL surf shop オーナー鈴木直人プロがテクニックを解説しています。
連続写真で丁寧に分かりやすく説明しているのでレベルアップ間違いなし!!ショートボード編、レトロツイン編の2部構成で解説しているので、
自分のボードにあったテクニックをじっくりご覧下さい。直人プロのテクニックを今すぐ盗め!!

1 『スナップバック』

スナップバック

十分にスピードをつけて崩れて来るリップを(当て込む場所)見つけます。波のロール部分(リップ)に当て込んだら
後ろの手を軸にする様にテールを蹴り込みます。重心の割合はテール重心80%、前足重心20%。力を入れすぎない程度に、
しっかりと前足で抑える事が重要です。

PLAY

Rider:Naoto Suzuki(Pro Surfer)
Photo: Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

2 『チューブライディング』

チューブライディング

サーフィンの究極のライディングと言えるチューブライディング!最初からメイクする事が難しいので、まずはコシ~ハラサイズのダンパーブレイクで
チューブの中を走る練習から始めましょう。写真の日はアタマ前後のサイズでチューブを巻く波を選び出してテイクオフしました。

PLAY

Rider:Naoto Suzuki(Pro Surfer)
Photo: Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

3 『バックハンド オフザリップ』

バックハンド オフザリップ

写真は厚い波でのオフザリップです。力のない厚い波なのでボトムまで降りきらずにターンしています。ボトムに降りすぎると波の斜面が
平でスピードが失速すると共にターンが伸びません。

PLAY

Rider Akihiro Suzuki
Photo Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

4 『掘れた波でのバックハンド オフザリップ』

バックハンド オフザリップ

掘れた波では微妙な体重移動が必要となります。トップへボードが上がり始めたらすぐに返す体勢に入ります。
トップでの返しは波が掘れていて力があるのでタイミングを合わせて軽めに返すだけで大きくスプレーが飛びます。

PLAY

Rider Akihiro Suzuki
Photo Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

5 『ローラーコースター』

ローラーコースター

ライディングの最後を飾るフィニッシュの技です。この技を決めてはじめて波をメイクした事になります。十分にスピードをつけながら最後に当て込む所(反対側から波が崩れて来る所)を見つけます。

PLAY

Rider:Naoto Suzuki(Pro Surfer)
Photo: Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

6 『ボトムターン&オフザリップ』

ボトムターン&オフザリップ

サーフィンの基本中の基本と言えるテクニック!ボードには十分にスピードがついています。リップするポジションを見つけて先を見つめています。タイミングを計りボトムへ降ります。

PLAY

Rider:Naoto Suzuki(Pro Surfer)
Photo: Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

7 『フローター』

フローター

波が掘れすぎて当て込めないとき、ブレイクが速く抜けられない時に波のカールの上を走り次のセクションにつなげる為のテクニックです。
十分にボードにスピードがついている事が重要です。スピードがないと波のトップカールの上を走る事が出来ません。

PLAY

Rider:Naoto Suzuki(Pro Surfer)
Photo: Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

8 『カットバック』

カットバック

波のショルダーがなくなる事を予測して早めにカットバックの体勢に入ります。
波が厚くなってからボードを返そうとしてもスピードが失速してしまい、レールがきれいに入らないので、波が厚くなる前、1テンポ早めに行う事がポイントです。

PLAY

Rider:Naoto Suzuki(Pro Surfer)
Photo: Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

レトロツインフィン1 『フローター』

レトロツインフィン

スピードをつけて波の中腹でターンします。ボトムでターンをするとボードが鋭角に上がりすぎて波のトップをボードが走らなくなります。
フローターは波のトップのカールの上をいかに距離を伸ばしてスピーディーに走れるかがポイントです。

PLAY

Rider:Naoto Suzuki(Pro Surfer)
Photo: Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

 

レトロツインフィン2 『ボトムターン&オフザリップ』

レトロツインフィン

レトロツインのボードは幅と浮力があるので小さい波でも
自然とボードが走って行きます。余計な力がボードに掛かるとフィンが抜けてしまったり、レールがひっかかって失速の原因になります。ゆっくりと波に任せて優雅に乗る事を意識してください。

PLAY

Rider:Naoto Suzuki(Pro Surfer)
Photo: Takahiro Tsuchiya(Ta FILM)

ISA認定国際サーフィン指導員認定資格取得!

ISA認定国際サーフィン指導員認定資格取得!
『ISA認定(インターナショナルサーフィン協会認定)国際指導員認定資格レベル1取得』リアルのスクールインストラクター『鈴木直人プロ、松山圭店長、松山良スタッフ』がISA認定資格を取得しました!!理論と技術に優れたプログラムによって国際レベルのサーフィン指導を『サーフショップリアル』で提供出来る様になりました。

how to “how to surf”

連続写真は自動的に再生します。止めるときは、再び再生するときは
をクリックして下さい。下に並んでいる写真をクリックするとその写真の静止画が見られます。
ご覧のブラウザがポップアップウィンドウをブロックする設定になっている場合は、このサイトだけ解除して下さい。