レトロボードの魅力と最新の傾向

RETRO BOARDS
レトロボード

レトロボードのもっている独特の形状やアナログ的な要素、クラフト感、温もり。
Almond_Secret_Menu_3ズングリムックリなアウトラインと浮力のある厚めのボードはとても機能的はいえない。
IMG_3670でもなぜか心を動かされてしまうのがレトロボード。

1960年代のカリフォルニア:サンディエゴのサーファー「ボブ‧シモンズ」によってデザインされた”シモンズ”

1970年代に同じくサンディエゴで生まれた”レトロフィッシュ”

それぞれの時代を背景に生み出されたデザインは優れた理論と性質を持ち合わせている。

デュアルフィンシモンズ

デュアルフィンシモンズ

そこには”航空力学”や”流体力学”を取り入れた形状や理論が潜んでいます。

レトロボードの古い歴史やボードが出来るまでの物語が大人ゴコロをくすぐるのです。

でも最も重要なことは「いかに楽しく波に乗れるか」「Stoke ストーク(快感)」を得られるかがサーファーの求めるすべて!
それを満たしてくれるのは間違いなく”レトロボード”。asmt
幅が広く、浮力のあるボードはテイクオフが速くパドルもラクラク!

たしかにショートボードに比べれば機能性は落ちるけど最近のレトロボードは最新鋭。

一見懐かしいけど、じつは優れたデザインが潜んでいるのです。concave
それはボトムコンケーブだったりフィンの数だったり。。。
IMG_5071そして最新は「EPSフォーム」を用いた超軽量のレトロフィッシュボードが登場!
KouichiさんがオーダーしたEPSレトロフィッシュボードをご覧ください!
DSC_1861EPSフォームを使用することで波の上を浮くようなスピードと軽快なレールの切り返しが可能になる。

  • ボードの初速が良くテイクオフが速い。
  • 軽く安定した乗り心地
  • コントロール性能の向上

以上がEPSフォームの利点。
シェイパー”ジョン‧ウェグナー”自らも「EPS ダイナモ‧モデル」を試乗して最高の評価を出しています。
EPSダイナモのライディングシーンはこちら

ジョン‧ウェグナー

ジョン‧ウェグナー

そして最近はミニシモンズのレングスを長くする人が急増!
Kubotaさんは7’6”のEPSシモンズをオーダー。
DSC_1898普段はロングボード9’2”を乗っているKubotaさんがこのボードでスイスイ波に乗っていました!信じられない!

レトロボードの魅力と最新の傾向を感じて頂けましたでしょうか?

RETRO BOARDS ×EPS FORM
レトロボード×EPSフォームの組み合わせに注目です!!